スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉CARP紹介

どうもはじめまして
千葉CARP代表のしずおです。




なんか面白そうなブログの記事だと思って入ってみたけど
「千葉CARP」っていったい何?
という方のために、



今から 「千葉CARP(原理研究会)」 の自己紹介をしたいと思います。



ブログの一番上を見てみてください
千葉CARP(原理研究会)というタイトルの下に
「W-CARP JAPAN に加盟しています。」
と書いてあります。





私たち千葉CARPはW-CARP JAPAN の理念に賛同し加盟している
千葉大生中心のインカレサークルです。
W-CARP JAPANは統一原理を教育理念として活動をしている団体で、全国の各大学・地域を拠点に合宿・研修会や文化活動・研究活動をしています。
W-CARP JAPANホームページ




千葉CARPでは
”千葉大学の教授と学生の架け橋となり
   「夢」と「情熱」を発信しよう”

をテーマに

社会に出てからより大きなものの為に生きることのできる社会のリーダーを目指しています。





具体的な活動としては
①統一原理レクチャー
統一原理のリンク

②定例研究会

③プロジェクト活動

④合宿・研修 


その他、スポーツや、勉強会、みんなで夕食を作って食べたり、
メンバーの誕生会などみんなで楽しく活動しています。




興味あるとか、もっと知りたいという方は、
気軽に千葉CARPに遊びに来てみてください。
ブログへのコメントもお待ちしています。







人気ブログランキングへ

BYしずお
スポンサーサイト

自分にしか目を向けない学生

「今の大学生は本を読まなくなったし、勉強をしなくなった。」



前回の記事を読むと、安易にこのような結論が導きがちになってしまうと思いますが、
私自身、生活実態調査の結果を見た時にはこのように考えてしまいましたが、
よく考えてみれば、そうばかりとも言えないのです。




なぜかというならば、1960年当時の学生よりも、
今の学生の方が色々な事に取り組むことができるからです。


昔は勉強して、本を読むことしかやることがなかったと言えば言い過ぎになりますが、
今はサークル活動、アルバイト以外にも、海外に留学する機会も増えたし、
留学と言わないまでも語学研修などで短期間でも海外に行く学生も増えて来ました。
私も3年生の夏休みに、韓国の全北大学に行ってきました。



また、インターンシップであったり、
少し求めたら多くの経験を積むことができる世の中になったわけです。
サークル活動も当時の日にならないくらい色々な活動ができるようになったのではないでしょうか?




「新聞や本を読まなくなった」のは事実かも知れませんが、
これもインターネットの発達で、ニュースや情報を
即座に手に入れられることができるようになったことを考えれば、仕方のないことかもしれません。
確かに、本を読まなくなったことは、若者が活字離れをしていることの表れでもあるので、
本を読むようになるにこしたことはありませんが、
果たしてそれはそこまで大きな問題なのでしょうか?
学生の関心分野が広がったことはむしろ良いことだと捉えることもできます。
なので、今の学生は問題だ、だからそれを解決しなければない。
若者の意識改革が必要だ!と安易に言うことは問題があると思います。




しかし、私はどうしても今の学生の現状には、腑に落ちないものがあります。
では今の学生には何が足りないのでしょうか?
考えて見れば、今の学生も昔の学生も何かに力を注いで、
頑張っていることに変わりはないのです。
その内容が、自身の研究分野だったり、勉強だったり、
アルバイトだったり、サークル活動だったりするわけですが、
それぞれがそれぞれ頑張っているのです。





しかし定例研で話し合う中で、「それぞれ」頑張っているだけなのだということに気がつきました。
つまり、頑張っている目的が「個人的」であることが問題だと思うのです。



統一原理のなかには、全体目的と個体目的という概念があります。
全ての活動に於いて、組織や共同体の全体の利益を求める目的と、
個人の利益を求める二つの目的があるというのです。
「全体的な目的を離れて個体的な目的があるはずはなく、
個体的な目的を保証しない全体的な目的もあるはずがない」のです。





今の学生は、自分の将来ためとか自身を中心とした目的だけで頑張っている人が多いように感じます。
より若者に活気が出てくるためには、
社会をよくしたいとか、日本を発展させたいという気持ちが必要だと思うのです。
日本の発展と自身の幸せや安定した生活は、切っても切り離せない関係にあると思います。
1960年代と今の学生を比べた時に一番大きな違いは何かと言えば、
国や社会を発展させたいという思いの強さにあるのではないでしょうか?




若者の政治離れや、ニュースに関心を示さないのが、
「自分一人が何なしたところで社会は変わらない」という思いから来るものだとしたら
大きな問題ではないでしょうか?
自分も含め、より公的な、大きなもの、全体目的的なものに
関心を持っていくことが必要なのではないでしょうか?



人気ブログランキングへ


BYしずお

大学生の生活実態調査の比較

大学の下流化の続きです。

以前、大学全入時代に入ったことを紹介しました。
大学全入時代へ






では、この大学の変化の中で、学生はどのように変化したのでしょうか?

次のグラフを見てください。



tt.jpg




これは中堅大学Aの生活実態調査です。
(参考 竹内洋『大学の下流化』)




このグラフだけでは分かりにくいかもしれませんが、
1960年代の学生は、専門書・一般教養書・語学書など
何れも一日平均で1時間以上読んでいるんです。
それも『中央公論』や『朝日ジャーナル』といった
「硬派」の雑誌や週刊誌が多く読まれていました。
また、1967年の私立大学全体の生活実態調査からも、
授業以外に自宅や図書館等で1日平均2.2時間勉強していました。




しかし、2006年の調査によると、
1ヶ月のほとんど読書をしない学生が35.3%と3分の1を占めており、
自宅学習をほとんどしない学生も49.0%と半分近くに上ります。





一つの大学の学生文化が30年間で大きく変わってしまったことが分かります。





次に東大と京大の「生活実態調査」を見てみましょう。



yy.jpg




東大生の場合
一日平均の読書時間(新聞・雑誌を除く)は43分
毎月平均の読書冊数(マンガ・コミックを除く)は6.0冊
小説・文芸書・教養書に限った場合は3.6冊
自宅・図書館での学習は約2時間、大学以外の教育機関での学習は約2時間です。




1990年代後半からは学生の読書時間や、自宅学習時間は
ほぼ横ばいということでした。
なので現在もこの状況は大きくは変わっていないと思われます。
東大生も京大生も学習時間の減少は同様に見られますが、
その振れ幅がそれほど大きくはありません。






それに、よく見ると1957年のの中堅大学Aの読書時間は、
東大生や京大生の読書時間とほとんど変わらなかったということが分かると思います。
当時はまだ、「背伸び文化」が存在し、
難関校についていこうとする風潮が存在していたが、
近年は中堅上流大学の学生文化が、
著しく下流文化になってしまったといえるのではないでしょうか。




人気ブログランキングへ

BYしずお

お昼の出会い


はいさい(*^^)♪

先日、千葉でも 雪の天気予報が出ておりました!

朝起きたら、”まっしろ!!!”みたいなのを

ちょいと 期待していましたが、 その日は寒ーい 雨。 


でも、東京の方では 少し積もるくらい 降ったようですねーーー



一方、父からは、沖縄は桜が咲いていると きれいな写メが送られてきて

南のほうから 徐々に 春は近づいてきているなあ・・と感じます





    春といえば、卒業式や入学式 など

                  出会いと別れの季節。


 一期一会という言葉もあるように、小さな出会いから、

 学ばせていただくことがあったり 人との出会いから

  広がる世界があるのではないでしょうか。




  私も、ふとしたきっかけで、

 60代を過ぎたくらいのおばあちゃん大学生の方と

 お友達になり、 お昼を度々ご一緒することがありました


 仕事も 子育ても ひと通りやり遂げてきて、それから大学で学ぼうという 

 意欲や情熱  その心が まずは素晴らしいなあ と思いますが


 そのおばあちゃん、とにかく 人に与えることが喜び!

 といった感じなのです。

 ある時は、勉強頑張ってねと どら焼きを

 またある時は、可愛いパンダの親子のファイルを、

 「人が喜ぶ姿を 見るのが好きなのよね」  と言いながら
 
 下さったりするのです


 私も、ちょっとしたものですが、チョコやみかんをおばあちゃんに と持っていき、

 おばあちゃんの人生の話を色々聞きます




 猫好きで  笑顔が素敵なおばあちゃん、

 決まって月曜日のひとときに たくさん学ばせてもらいました


 





 見返りを求めず 与えたい心、人の喜びを 自分の喜びとする心
 
 そんな心を私も 持ちたいなあと感じ、

 そして、そんな心を持つ人が増えなら・・・

 今は、新聞やニュースを見ても 頭を悩ます暗い出来事が多いですが

 もっと もっと平和な世界が近づくんじゃないかなあ

 と感じた今日この頃です



  BY ちゅら 


 


人気ブログランキングへ
 
 
 

 

遅れましておめでとうございます。

みなさん、遅れましておめでとうございます(明けましておめでとうございます)

かつをです。

やっぱり冬は寒いですね。。。

それでも、寒くない! 寒くない!

と言って、強がっている今日この頃でございます

でも実際、千葉は日本でも寒くない方だと思います。

家の中にいても、陽が射していれば

ぽかぽかします


私は学校のテストは昨日で終わり

春休みに入りました!

なんだか早いです。

家の中で昼寝ばっかしないように頑張ります(^^ゞ

(しっかり勉強をがんばりなさい (-_-)/~~~ピシー!ピシー!)




ところで、最近ついに私もノートパソコンを購入しました!

DELL Vostro3300

という機種です

少し古い機種ではありますが、

気にしない、気にしない!

ずっと、みんなから「パソコン買わないの?」

と言われ続け、、

ずっと、「いついつには買うよ」

と答えながらもズルズルと・・・

1月まで延長されてしまっていました。


なんで学校も終わったのに、このタイミング?!

と、思われた方も少なくないと思います。

・・・まぁ、その辺は頭の隅に置いて

消しゴムで消しちゃってください(笑)


本体はこんな感じです。

pc2



pc1


13.3インチで持ち運びがしやすく、

それなりに良い機能が備わってるので不便はないです


せっかく買ったので、大切に使いたいなと思います!

みなさんも、ものは大切に!(^^)!

では、またお会いしましょう!


by.かつを



ぽちっと押してね↓↓


人気ブログランキングへ


プロフィール

しずお

Author:しずお
今年から千葉のCARP代表になりました。
千葉CARPはW-CARP JAPANの理念に賛同しています。
このブログではCARPの活動やメンバーの様子、気になるニュースからつぶやきまで
CARPメンバーの日常を紹介します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。