スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イスラム国」問題

今、イスラム過激派組織「イスラム国」が世界的な問題となっています。
先日「イスラム国」のメンバーの男が、72時間以内に身代金を支払わなければ
拘束している日本人二人を殺害すると脅迫する映像が、インターネット上に公開されました。


身代金は2億ドル(約240億円)で、20日にYouTubeに投稿されたビデオでは、
支払期間は72時間とされました。
拘束された日本人はフリージャーナリストの後藤健二さん、民
間軍事会社を経営している湯川遥菜であることが確認されました。


政府は、支払期限が23日午後と見ていたが
、「イスラム国」から何の連絡もないまま、
期限が過ぎ今後の動静が注目されるところですが・・・


というこの記事を書いている間にも事態が急展開しました。
湯川遥菜さんが殺害されたとの声明の動画が
24日午後23時ごろにインターネット上に投稿された模様です。
湯川さんは千葉市在住ということもあり、
千葉市民としても目が離せないなかではありましたが、これが事実だとしたら大変遺憾です。





なぜ「イスラム国」このような暴挙を繰り返すのでしょうか?
少し調べてみたのですが(the huffington postなど)、「イスラム国」はアルカイダ出身者で構成されるイスラム過激派組織のこと。
「イスラム国」はイスラーム圏を統一し、イスラーム法にのっとった国家を樹立することを目的としているようです。


原理講論によると宗教の目的は人間の内的な無知を克服することにあります。
人間はどこから来て、人生で何をして、どこに向かうのか。
こういった根本問題について解決策を模索して、
最終的には人間を幸福に導くためにあるものが宗教です。


イスラム国はどうでしょうか、イスラーム圏を統一した国家を樹立するのであれば、
もっと別のやり方があるのではないかと思います。
周りの国々に危害を加えてながら国家を立てたとしても、
国際社会の中で国家として認められるはずはありません。
「イスラム国」は宗教の仮面を被っているだけとしか思えません。
実際に在日イスラム教団体は「人質殺害はコーランに反する」と抗議しています。
「イスラム国」の活動によってイスラム教そのもののイメージも悪くしてしまいます。
被害と混乱ばかりが発生し、イスラーム国家実現というその目的は実現できないと思います。



どんなものでも発展する為には、まず他の為に与えなければなりません。
「為に生きる」ことによってのみ発展はもたらされます。
自分たちの利益ばかりを主張するのではなく、
世界の為に、人類の為にという動機で宗教国家は実現されるべきだと思います。



なおこれは私個人の見解であり、W-CARP JAPANの公式な見解ではありません。


BYしずお




人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

親孝行

今日は「風」がハンパないです!おはようございます!


今日は、毎日新聞から引用中国:

親孝行を義務化、定期的な帰省など
毎日新聞 2013年07月03日 19時52分(最終更新 07月03日 21時16分)【北京・石原聖】

中国で1日、年老いた親と別居して暮らす子どもに定期的な帰省を義務づけるなど親を心身ともにいたわることを求めた改正「高齢者権益保障法」が施行された。同日には改正法が適用された訴訟の判決が江蘇省無錫市であり、1人暮らしの自分の面倒と、家賃や医療費の負担を娘夫婦に求めた77歳の女性の訴えが認められた。中国メディアが報じた。

 裁判長は判決で「法の介入は一つの手段。親子双方のいたわりが肝要だ」と指摘。改正法は帰省の頻度を明示していないが、判決は「少なくとも2カ月に1度は必要」との判断を示した。インターネット上では「親孝行を法で強いる必要はない」「帰省休暇を会社に義務づける方が先では」と「親孝行の義務化」に批判的な声が多い。

 共産党機関紙「人民日報」は3日付で、地域や戸籍の違いによってサービスや給付金に差がある現状を報じ、統一基準作りなど高齢者保障対策を強化することを求める専門家の意見を掲載した。

 中国では「一人っ子政策」の影響で生産年齢人口(15~64歳)が2015年ごろをピークに減少に転じ、20年までには同法の適用対象となる60歳以上の比率が約2億5000万人、総人口の17%以上を占める見通しだ。改正法施行は、急速な高齢化に社会制度が対応しきれていない現状が背景にあるとみられる。--





皆さんはこの記事を読んで何を感じましたか?



私たちCARPではWe are One Famillyを目指しておりますが、
家庭崩壊は国家の崩壊であり、世界の崩壊を意味します。
だって、社会の基本単位は家庭だから。

この記事を読みながら改めて家庭を守ることの重要性を感じました。



0kazoku.jpg

www.post.japanpost.jp




是非大学で一人暮らししている皆さんも家族に「元気にしてる?」とか
実家通いのみなさんも「いつもありがとう」や「こっちは元気だよ」など、
連絡をよく取り合ってくださいね。



その授受作用からいろいろないいことが起こってきますよ♪



では今日も一日頑張りましょう!

JAPAN!

はいさい(^o^)/


このブログを読んでいる、皆さんは

きっと日本に住む日本人

日本といえば、

さくら  お寿司  富士山・・

漫画やアニメ、 領土問題、 地震大国、天皇 などなど




いろいろ思い浮かぶと思います



日本が世界に誇れるものも沢山ありますが、



しかし今、国難の時代と言われ 


安倍首相も、強く舵取りをしながら  国政を進めていますが、


さまざまな面での変化が求められていることを


感じます


 

  

「日本に今、必要なものって何なんだろう」 

と今日は、ちょいと考えてみました。





ユニクロなどを手がけるファーストリテーリング代表取締役社長、
柳井は、こう言います。


”グローバル化が進む中、日本のいちばんの問題は、保守的で臆病なところ、

 安定や安心や安全を求める傾向が強すぎる!

 世の中は常に変化し続けており、ほかの国はそれに合わせて成長しているのに

 日本だけが、昔ながらのやり方にこだわっているように見える。

 国民性である、正直、まじめ、勤勉さを存分に活かし、世界に出るべきだ!”



 なるほど、  強みを活かした 挑戦 




 また、中央大学教授 山田も「日本の未来について話そう」という本の中で、


”21世紀に入って以降、日本の若者の安定志向が強まっている。

 安定志向とは、新しいことに挑戦してリスクを取ろうとはせず、

 経済状況は変わらないだろうという前提のもと、

 その中で最も安定した人生を選ぼうとする志向性だ。


 彼らは、冒険することよりも平穏無事な人生を望んでいる。”



なるほど、ここでもリスクを恐れない チャレンジ

 
 一概には言えなくとも、

 日本に、足りないもの、

 それは、日本をつくっている国民


 まさに 私に 足りないもの 必要なもの


 なのかもしれない。




そして、最後に、最近見て感動した


日本の舵取り人の力強いことば


安倍首相は、所信表明演説の中で


『わが国が直面する最大の危機は、日本人が自信を失ってしまったことにあります。

確かに日本経済の状況は深刻であり、きょうあすで解決できるような簡単な問題ではありません。
 
しかし、「自らの力で成長していこう」という気概を失ってしまっては、個人も国家も、明るい将来を切り開くことはできません。・・・



この演説をお聴きの一人ひとりの国民へ訴えます。

何よりも、自らへの誇りと自信を取り戻そうではありませんか。

私たちも、そして日本も、日々、自らの中に眠っている新しい力を見いだして、

これからも成長していくことができるはずです。

今ここにある危機を突破し、未来を切り開いていく覚悟を共に分かち合おうではありませんか。
 


「強い日本」をつくるのは、他の誰でもありません。私たち自身です。』

 



自信と誇り



 自らの中に、この国の中に、取り戻していきたいと感じた

 今日この頃です



 BYちゅら 

非行の波②

非行の波の二回目




第一の波から第三の波まで
この前見ていった

非行の波




そして現在はどうなのだろう?




まだ波と言えるかどうかは不明であるが、、
最近の非行は今までにない特徴があるようだ







その特徴は今まで非行なんて一切したことのないような子が


急に凶悪な非行に走ってしまうケース







よくニュースでそんな事をするような子じゃなかったという
近所の人や友人のインタビューを聞くことが多い







「いきなり型非行」なんて呼ばれうこともあるが、
これも実は水面下で犯罪を犯す子どもの中に
そのきっかけとなるものが積み上げられていることが分かってきた。








いまは「キレ」といわれる。


これは犯罪を起こす前段階で、表面的には見えないものの
すでに何かしらの心理的な問題が存在するのだ。
それが何かのきっかけで表面化してあらわれてしまう。










この非行(犯罪)を表すよい例として、
神戸で起きた中学生による連続殺人事件がある
何人もの子供を殺して、
しまいにはその子の首を校門に置いたというあの事件



まだ記憶に新しい人も多いのではないか






あの少年は小学生のころの図工の作品で
年度の塊にカッターの刃をたくさん突き刺したものを作ったという。

このころから暴力性を抱えた少年だったということが分かる。










しかしこの少年に限ったことではないとおもう
今の時代は物質的には豊かになったけれども

精神的にすたれてしまっているように感じる。
もっとこころを大切にすること、
見えるものがすべてじゃない、
見えないものを大切にすることが必要なのではないだろうか。






BY しずお

非行の波

いつの時代もヤンキーはいるものですよね
非行少年だとかといわれたりもします






万引きしたり
煙草を校舎の裏でふかしてみたり
授業を抜け出したり
バイクで校庭を駆け回っていたり


学校の先生たちはいつも心を悩ませています。








今日はそのヤンキーについて



日本の学校を見てみると・・・
非行の波ってものがあるんですね
学校において非行の波は三つ存在していたそうです。










第一の波
は 
戦後はまだ貧困な家庭が多くてなかなか生活ができない人も多かったんですよね。
それで生活苦から逃れるために仕方なく盗みをしたり
非行に走る少年は多かったんですね
いうなれば「生きるための非行」といったところでしょうか
だんだんと生活が改善されていく中でそのような非行はなくなっていった。










つづいて第二の波とは何だろうか。
この非行の波はアメリカから新しい価値観が流入していったことで起きたんですね。

たとえば
「学歴社会」
「管理型社会」
「都市化社会」
これらによってどんどん格差が広がっていくんですよね




今までにない価値観が入ってきて、今までの日本文化との摩擦が生じて
価値観が対立し、葛藤が生まれていく。

その中で流行ったのが「学園紛争」
当時は大学生が教室に立てこもって先生が部屋に入れないようにして
授業をストライキしたり、
中には教授をつるしあげて暴力をふるったりすることも・・
このときは左翼学生による暴動も活発になった。


既存の価値観に対して抵抗するカウンター・カルチャーが日本で流行った。



この頃は価値観が渾沌として、
価値観の葛藤や文化の摩擦が原因となって非行が生じるようになった。














第三の波
スリルを求め遊びの一環として非行がおこなわれるようになったのだ。
内容としては比較的軽度なものも多かった
だからこれは「遊び型の非行」とよばれた




第一の波では必要に迫られて非行に走る場合が多いのだが、
このときは非行のスリルを楽しんでいる。


でもこの非行は遊びのレベルで起こるものではなかった。
この非行を積み重ねることで次第に重大な犯罪に発展することがわかったのだ。


そこでこの非行は名前を改められて、
犯罪のきっかけになる非行ということで型、 「初発型非行」 と呼ばれる。













それぞれの非行の波にはそれぞれの社会をよく反映した形態で
非行が行われていることが分かるだろう。

特に若者はその社会のもつ問題点の影響をを敏感に受けやすいのだろう。


このままだと社会の表面上の問題を解決しても社会は変わらないだろう。
また別の形で、非行問題が発生するだろう。
もっと根本的に、社会の何か本質的な部分を改めていく必要があるのではないだろうか。






新成人のみなさんおめでとうございます



BY しずお



プロフィール

しずお

Author:しずお
今年から千葉のCARP代表になりました。
千葉CARPはW-CARP JAPANの理念に賛同しています。
このブログではCARPの活動やメンバーの様子、気になるニュースからつぶやきまで
CARPメンバーの日常を紹介します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。