スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政経学習会

新政経学習会に参加しました

YFWPというところが主催して、有識者の先生方をお呼びして勉強会を行いました!!

今回の内容は国家財政について。
この学習会の参加に際して事前に定例研を行ったこともあり、
メンバーの理解は非常に深まりました
前半は有識者の某先生より財政につての講義があり
後半は4グループに分かれてのディスカッションを行いました。







そこでの内容と感じたことを簡単にまとめます。


財政における今の一番の問題は歳入を歳出が明らかに多く上回っていること
その足りない分は国債で補填している状況なんです。
しかも国債の額も年々増加して、各地方公共団体も含めた公債の残高は1000兆円を超えるそうです!?
何にそんなにお金を使っているのかというと・・・






社会保障に使われているんですね。
社会保障費の支出は年々増加しています。

そのひとつの原因としては、高齢化が進んだことが挙げられますが、
そもそもの性格として、福祉に使われるお金は、増加されることはあっても削減されることはないらしいんです。
国民の需要はかなりありますからね。
だからといって、今のままの財政を続けていけばいずれ国は回らなくなってしまいます。





ill04_02.jpg財務省HPより






例えば
国家財政を、家計にたとえてみたらこんな感じだそうです。
月収(税収)30万円だと考えると
家計費が40万円、ローンの支払い(国債費)が13万円で支出総額は53万円
不足分の23万円は毎月借金(国債)をしているということになります。
そうしたローンの残高が現在は5143万円まで溜まっている
という感じの計算になります。
家計に例えたら実感湧きますよね。







大問題なんです。国家の財政はなかなか身近には感じられないのですが、
国民として一人ひとりが問題意識を持っていかないといけないんですね
でないと、将来の我々が、また私たちの子供たちが
そのつけを払わないといけなくなるんです!!!








この4月から消費税が8%に増税されます。
税収が増えるから、少しは改善されるのではないかと期待したくなりますが、
そんな甘くはないんです。
税収の増加分今年度の予算自体も増加してしまっているんですね。
それでは全く財政の改善にはなりません。





0kazoku.jpg




今後どのように解決していくべきかは、よく考えていかなければなりませんが、
一番は国民、中でも特にこれからを担う若者世代の意識が変わっていかなければなりませんね
最終的には国民の意思で決めていくことだと思いますが、
公演をしてくださった先生は、社会保障費の削減をしなければいけないと言っていました。
限られたお金を限られた範囲内で何に投資するのか。






私たちがもっとよく勉強して、考え、
自分の意見をしっかりと持っていく必要がある
と感じました。
千葉CARPの学生は若者のモデルを目指し、
この日本をより良くしていくためにはどうしたらよいかを日々考える学生をめざしていきたいと思います。







人気ブログランキングへ


BYしずお
スポンサーサイト
プロフィール

しずお

Author:しずお
今年から千葉のCARP代表になりました。
千葉CARPはW-CARP JAPANの理念に賛同しています。
このブログではCARPの活動やメンバーの様子、気になるニュースからつぶやきまで
CARPメンバーの日常を紹介します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。