スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分にしか目を向けない学生

「今の大学生は本を読まなくなったし、勉強をしなくなった。」



前回の記事を読むと、安易にこのような結論が導きがちになってしまうと思いますが、
私自身、生活実態調査の結果を見た時にはこのように考えてしまいましたが、
よく考えてみれば、そうばかりとも言えないのです。




なぜかというならば、1960年当時の学生よりも、
今の学生の方が色々な事に取り組むことができるからです。


昔は勉強して、本を読むことしかやることがなかったと言えば言い過ぎになりますが、
今はサークル活動、アルバイト以外にも、海外に留学する機会も増えたし、
留学と言わないまでも語学研修などで短期間でも海外に行く学生も増えて来ました。
私も3年生の夏休みに、韓国の全北大学に行ってきました。



また、インターンシップであったり、
少し求めたら多くの経験を積むことができる世の中になったわけです。
サークル活動も当時の日にならないくらい色々な活動ができるようになったのではないでしょうか?




「新聞や本を読まなくなった」のは事実かも知れませんが、
これもインターネットの発達で、ニュースや情報を
即座に手に入れられることができるようになったことを考えれば、仕方のないことかもしれません。
確かに、本を読まなくなったことは、若者が活字離れをしていることの表れでもあるので、
本を読むようになるにこしたことはありませんが、
果たしてそれはそこまで大きな問題なのでしょうか?
学生の関心分野が広がったことはむしろ良いことだと捉えることもできます。
なので、今の学生は問題だ、だからそれを解決しなければない。
若者の意識改革が必要だ!と安易に言うことは問題があると思います。




しかし、私はどうしても今の学生の現状には、腑に落ちないものがあります。
では今の学生には何が足りないのでしょうか?
考えて見れば、今の学生も昔の学生も何かに力を注いで、
頑張っていることに変わりはないのです。
その内容が、自身の研究分野だったり、勉強だったり、
アルバイトだったり、サークル活動だったりするわけですが、
それぞれがそれぞれ頑張っているのです。





しかし定例研で話し合う中で、「それぞれ」頑張っているだけなのだということに気がつきました。
つまり、頑張っている目的が「個人的」であることが問題だと思うのです。



統一原理のなかには、全体目的と個体目的という概念があります。
全ての活動に於いて、組織や共同体の全体の利益を求める目的と、
個人の利益を求める二つの目的があるというのです。
「全体的な目的を離れて個体的な目的があるはずはなく、
個体的な目的を保証しない全体的な目的もあるはずがない」のです。





今の学生は、自分の将来ためとか自身を中心とした目的だけで頑張っている人が多いように感じます。
より若者に活気が出てくるためには、
社会をよくしたいとか、日本を発展させたいという気持ちが必要だと思うのです。
日本の発展と自身の幸せや安定した生活は、切っても切り離せない関係にあると思います。
1960年代と今の学生を比べた時に一番大きな違いは何かと言えば、
国や社会を発展させたいという思いの強さにあるのではないでしょうか?




若者の政治離れや、ニュースに関心を示さないのが、
「自分一人が何なしたところで社会は変わらない」という思いから来るものだとしたら
大きな問題ではないでしょうか?
自分も含め、より公的な、大きなもの、全体目的的なものに
関心を持っていくことが必要なのではないでしょうか?



人気ブログランキングへ


BYしずお
スポンサーサイト
プロフィール

しずお

Author:しずお
今年から千葉のCARP代表になりました。
千葉CARPはW-CARP JAPANの理念に賛同しています。
このブログではCARPの活動やメンバーの様子、気になるニュースからつぶやきまで
CARPメンバーの日常を紹介します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。