スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶に残る幕の内弁当はない!!

あぁ、自分はこう思うけど・・・これいったらどう思われるんだろう?

つい、他の人の目を気にして、当たり障りのないことを言ってしまうことって、ディスカッションのなかでありませんか?

自分もよくそういうことがあったけど、考え方を変えるきっかけになった本の内容を紹介します
o(-ω-o)(o-ω-)oo(-ω-o)(o-ω-)o

ズバリ!!『秋元康の仕事学』!!

_____________  秋元康の仕事学  _________________


『記憶に残る幕の内弁当はない!!』

僕は常々言っていることなんですが、記憶に残る「幕の内弁当」はないんですよね。いろいろなおかずがあると記憶に残らないんです。

「あの幕の内弁当は美味しかったな」とはならないけれども、「あのうなぎ弁当美味しかったな」とか「あの麻婆豆腐弁当は美味しかったな」っていうのは覚えているんですよ。

これは番組でくりでも何でもそうですけれど、ありがちなのは、「ハンバーグだけの弁当をつくろう」と言っても、「でも、ハンバーグだと、肉が食べられない人もいるから、魚も入れておこう」「バランス的には野菜も・・・」と、だんだん中庸なものができてしまう。


『自分の色を持つ』

企画をたてていく上で、何が一番重要かというと、僕たちの仕事は正解がないので、「自分が正解だ」と思うことなんですね。それは言い換えれば、自分の色を持つということです。

どんな色にも染まるようでは、その人が必要ではないということになってしまいます。

人には、それぞれ黄色といった色があるからこそ、誰かから「が欲しいんだよね」という注文が入ったら、い人にお願いするわけでしょう。

色というのは個性であり、キャラクターであり、自分の中の正解です。すべての色が出せるとうい天才はなかなかいないですよね。

反対に言えば、自分の色があるからこそ、ほかの人の色との差異がわかるわけです。

ものをつくるとか、もっと言えば生きるということも含めて、自分には色があり、こういう生き方があって、こういう価値観があると思っていたほうがいい。

__________________  おわり  ____________________

なんと、これを読んだ後に、たまたま千葉CARPでも1時間ぐらいディスカッションをしました((´I `*))♪

自分の色を意識できてなんか楽しかった~~~゛6((((≧▽≦))))9"


みなさんは何色ですか???

プッチーでした・・・

さよなライオン
スポンサーサイト
プロフィール

しずお

Author:しずお
今年から千葉のCARP代表になりました。
千葉CARPはW-CARP JAPANの理念に賛同しています。
このブログではCARPの活動やメンバーの様子、気になるニュースからつぶやきまで
CARPメンバーの日常を紹介します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。