スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.16 櫻井・瓜生の乱

お久しぶりのジェッソです(^_^)/



報告します!

千葉大学の公開講座にいってきました!


タイトル:
「カルト勧誘問題と学生支援①②
~みんなで聴きましょう!みんなで考えましょう!」



講演者:北海道大学 櫻井義秀(さくらい・よしひで)先生
    
    大阪大学  瓜生 崇(うりゅう・たかし)先生



時間はなんと4時間あまり…(+_+)


「カルトってなに?(-"-)」
「対処法は?<(`^´)>」


などなど、カルトにまつわる問題を中心に語られていました。




ちなみに主なカルトについて、


 「CARP(原理研究会)」


と、しっかりプレゼンに入ってました。宣伝(?)ありがとうございます。




お二方の講演内容については、

自分と一緒に参加した、新潟CARP代表が、ブログにうま~くまとめてくれました。

詳しくは、

  新潟CARP

のリンクをご覧ください。






ここでは、筆者の感想を。(^○^)




●櫻井義秀 先生



矛盾点が多すぎます。

「カルトは正体を隠して勧誘。」→→→ちゃんと名乗ってますよー。

  千葉CARPでは、勧誘を行う場合は
   ・「千葉大生を中心とするCARP、という団体です。」
   ・「統一原理を学んでいます。」
   ・「統一教会を創立した、文鮮明牧師の教えを学術的に学び、実践しています。」
   ・「大学からはカルト視されることも多いです(笑)」

  …など、事実にもとづいて、正しい情報を、はっきり伝えています!!
  現在、これは徹底しています!!

  過去に「正体を隠して伝道された」というクレームが多々あったことは事実です。

  ゆえにそれを反省すべき点として反省し、
  勧誘方法も見直しを繰り返しています。



  どこのCARPでもこれは常識。

  つまり櫻井先生、あなたの論拠のもとになる情報は、「時代遅れ」なのでは?

  

「カルトをやっていると、学問に支障をきたす。」→→→逆です。

   特に千葉CARPでは、学問についてはめちゃめちゃ力を入れています。
   テスト期間は勉強会をひらくほど。

   筆者は4年間CARPで活動をつづけましたが、
   単位を落としたことは、一度もありません。
   ちなみに前回の成績は「秀」しかありませんでした。
   昨年度は美術の公募展で入賞しています。

   …とか、ここで自慢したいんじゃなくって(汗)


   むしろ普通の学生よりがんばってるかもしれないですよ!!
   というのをお伝えしたいな、と。

   ※もちろん、成績には個人差があります(笑)


   CARPの就職先とか、社会人になってからどんな実績を積んでいるかとか、
   櫻井先生はちゃんと調査されているのですか?

   それなしに、CARPについての批判も何もできないですよね。
   特に「学術的に」と強調されるのでしたら、なおさらです。
   櫻井先生の情報収集不足です。
   今後はもっとがんばってください。



「カルトは親への不安をあおる」→→→あおっているのは、あなたです。

    CARPについて、悪いイメージや噂があることは承知しています。
    それが事実かどうかはともかく、
    当然、親を不安にさせるような誤解はとくべきです。

    CARPでは、親御さんに積極的に会いにいったり、
    父母会を開催したり、
    不安を感じる内容があるならば、
    しっかり対話してお互いに納得できるよう努力しています。

    とはいえ、今回のような講演会は、
    (櫻井先生の内容が、いくら矛盾点にあふれていても)
    はじめての方にとっては

    「やばい!カルト危険!」

    と感じるのが当たり前。

    CARP側がいくら正論を述べたとしても、
    誤解をとくのはとても難しいのです。

    
    不安をあおっているのは、櫻井先生、あなたですよー。
    でも、せめて情報は正しいものにしてくださいね。
    学者としての自覚をもってほしいものです。





●瓜生 崇先生





    一言でいえば、先生自身の、頭の整理が必要なのでは?

    新潟CARPのブログにも出てきますが、


    カルト、というのは、

    「AだからB、BだからC、CだからD」
     
    という論理展開で、

    「しかしCとDの間には非常に論理の飛躍が見られ、
     CとDが同一だとは言いがたい。」

    とおっしゃっていましたね。




    じゃあ、先生自身はどう語っておられましたか?

    「親鸞会の実情はこうで、ああで、私はこう感じて…」


    と、さんざん語っておきながら、

    「ま、CARPさんもどうせ同じなんやろ。」


    と、おおざっぱにまとめていましたね。

    ねえねえ、そこに一体どんな論理的なつながりが?



    しまいには、

    「ま、ここでは好きなこと語らせろや。」

    なんて堂々と言う始末。




    カルト、という問題について語るうえで、
    カルト視される側の人権もかかわってくるようなデリケートな問題に対して、
    そういった言葉の使い方は、
    特に「講演会」という場においては、はっきり申し上げて不適切です。

    瓜生先生という方は、
    こうした暴言を吐かれるようでしたら、講演会には向いていないのでは?


    瓜生先生ご自身の言葉を借りるなら、

    論理の飛躍を行っている時点で、あなたがカルトです。



    良き悪きは置いておき、暑苦しいスピーチをありがとうございました。





さて、いよいよ夏休み。

学生のみなさーん。

暑いからって、ごはんの代わりにアイスばっか食べてると、

おなか壊すからきをつけてねっ\(◎o◎)/     
スポンサーサイト
プロフィール

しずお

Author:しずお
今年から千葉のCARP代表になりました。
千葉CARPはW-CARP JAPANの理念に賛同しています。
このブログではCARPの活動やメンバーの様子、気になるニュースからつぶやきまで
CARPメンバーの日常を紹介します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。