スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動映画

今日は、私が大好きかつ感動する映画を紹介します!
大人が選ぶ泣ける洋画 ベスト30 「SmaSTATION!(スマステ)発表」のなんと4位5位にもランキングされていました☆



わたしもついに大人の方々と感動するポイントが一緒になってきたのかしらと思いました



一つ目が



「グリーンマイル」

gurinmairi_movie_12.jpg
[ストーリー]
大恐慌の35年。ジョージア州の刑務所で看守を務めていたポール・エッジコム(トム・ハンクス)は、大男ながら暗がりを怖がる黒人死刑囚のコフィーに興味をもつ。あるときコフィーがポールに触れただけで、重度の尿路感染症を治してしまったからだ。コフィーの不思議な力に触れた看守たちは、なんとかコフィーを死刑から救おうとする。トム・ハンクスが看守ポールを、大男コフィーをマイケル・クラーク・ダンカンが演じた感動作である。




二つ目は

「ショーシャンクの空に」
syousyannku_movie.jpg

[ストーリー]
妻とその愛人殺しの容疑で終身刑の判決を受ける、銀行マンのアンディ(ティム・ロビンス)。無実の罪ながら投獄されるが、決して希望を捨てず、自由を得られる明日を信じ続ける。一方、古株の囚人レッド(モーガン・フリーマン)はそんなアンディに、「刑務所で希望をもつのは禁物」だと忠告する。アンディとレッドの友情を中心に、ショーシャンク刑務所で生きる男たちのさまざまな人間模様を描いていく。人生の不条理や悲しみを問いかけながらも、たどり着くラストシーンは見る者の胸をさわやかに、だが強く打つ。
 いつも静かで穏やかだが、内面に強い意志をもち続けるアンディを演じるのは、ティム・ロビンス。その友人レッドに、モーガン・フリーマン。長い囚人生活に疲れはてていたが、忘れていた希望をとり戻していく姿が印象に残る。



何か感動を求めているあなた!
ぜひ、観てみてください☆



ちなみに私はいつも感動を求めているので、感動音楽、映画を常に探し求めております(笑)



byなつめぐ


引用:http://makemyself.blog64.fc2.com/blog-entry-136.html



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

shawshank
僕も見ました
最後の脱獄シーンとっても気持ちい♡
プロフィール

しずお

Author:しずお
今年から千葉のCARP代表になりました。
千葉CARPはW-CARP JAPANの理念に賛同しています。
このブログではCARPの活動やメンバーの様子、気になるニュースからつぶやきまで
CARPメンバーの日常を紹介します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。