スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風5号

台風が~千葉に上陸!!


いま千葉は雨と風のオンパレードです(^^;)



そいえば台風ってどいう名前の由来があるのだろうと思い、、、


ウィキペディアに頼ってみましたw






日本では、古くは野の草を吹いて分けるところから、野分(のわき、のわけ)といい、11世紀初頭の『枕草子』『源氏物語』などにもその表現を見ることが出来る。


沖縄のウチナーグチでは「カジフチ(風吹き)」または「テーフー(台風)」と称する。



フィリピンでは「バギョ(bagyo)」と呼ばれる。(可愛い言い方♪)



江戸時代には熱帯低気圧を中国にならって颶風(ぐふう)と訳した文献(伊藤慎蔵によってオランダ語から翻訳された日本初の気象学書「颶風新話」)があるが、明治の初めにはタイフーンまたは大風(おおかぜ)などと表していた。 

現在の台風という名は、1956年の同音の漢字による書きかえの制定にともなって、颱風と書かれていたのが台風と書かれるようになったものであるが、その由来には諸説がある。主な説としては、以下のものが挙げられる。



1.ギリシャ神話に登場する恐ろしく巨大な怪物テュポン (τυφων,Typhon) に由来する「typhoon」から「颱風」となった。
2.アラビア語で、嵐を意味する「tufan」が東洋に伝わり、「颱風」となった。また、英語では「typhoon」(タイフーン)となった。
3.台湾と中国福建省で使われる閩南語で、台湾のほうからやってくる強い風を風篩(風颱、白話字:Hong-thaiと言い、それが日本に輸入された。
4.中国広東省で、激しい風のことを大風(タイフン)といい、その後、西洋に伝わり、ギリシャ神話のテュポンの影響でギリシャ式の"typhoon"というつづりで書かれるようになり、東洋に逆輸入され「颱風」となった。
5.沖縄(当時は琉球)でつくられた言葉とする説:久米村の気象学者蔡温の造語であるといわれる。

文献:wikipedia

オ~!

色々な説がありました☆


あなたはどの説が有力だと思いますか?


byなつめぐ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

台風

僕は台風という言葉がアメリカに伝わってtayhoon と綴るようになったのだと思っていました。
プロフィール

しずお

Author:しずお
今年から千葉のCARP代表になりました。
千葉CARPはW-CARP JAPANの理念に賛同しています。
このブログではCARPの活動やメンバーの様子、気になるニュースからつぶやきまで
CARPメンバーの日常を紹介します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。