スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新時代を切り開く!?電子書籍!

はいさい(`・∀・´)
6月も、もう少しでおわりですね光陰矢の如し!





今週もやってきました!定例研 千葉CARPのメンバーが、普段見せない…いやいや、普段以上に!!
熱く真剣に、議論を繰り広げる場になってきております



 それで、気になる今週のテーマは、『電子書籍について

今回のプレゼンは、博士さんから!ほんとの、博士のような、教授のような落ち着きと、
クォリティーの高いPowerPointでやってくださいました! さすがです



 電子書籍というのは、古くから存在する紙とインクを利用した印刷物ではなく、
電子機器のディスプレイで読むことができる出版物のこと!
 2010年は日本の「電子書籍元年」と言われているという


電子書籍


 歴史を少しさかのぼって、今は懐かしきフロッピーディスクの時代から←90年代
電子書籍の普及に向けた事業はあったそうだが、なかなか浸透せず・・・

しかし今、小型で軽く、機能も充実した電子ブックリーダーが比較的安い価格で提供できるようになり
その可能性に注目が集まっている


なんと、2015年には、教科書のデジタル化なんかも考えられているそうなΣ(゚д゚;)





 そこでまず、電子書籍のメリット・デメリットについて! そして、なぜ教科書のデジタル化をすすめていこうとしているのか考えていきました


メリットとしては、情報を圧縮できること・持ち運び便利・紙を使わないので環境への配慮などが挙がりました。
そして、もし学校教育で導入されたことを想定すると、1年生用ソフトを電子端末に差し込んで”ぴっ”とすれば、一年生用の教科書が全て読める…なんてこともありうる!



問題点としては、データ管理の問題、身体への影響、著作権などが考えられた。
また、手に吸い付くような、馴染む紙の感覚が失われるのはいやだ!という声や、書き込みが出来ないので、教科に対する愛着なんかもわかないのでは?という意見も!!





 そして、最終ディスカッションとして
教育に電子書籍を導入した場合、30年後を想定して
どのような授業が展開できるかを考え話し合っていきました!いやあ~、なかなか夢が広がりました(*´∀`*)


例えば、美術の時間には絵画の鑑賞に!生物では、実験をデジタルの世界で!なんてことが実現するかもしれない






 しかし!!!議論が進んでいくにつれて、まだ未知数ではあるが、高度な科学技術を取り入れる事へのリスクへと話は移っていった。






たくさんの情報を扱うにおいて、それだけのモラル人間性が必要なのでは!!!!


いや、その土台なくして電子書籍を教育に即取り入れることはできないし、まずはモラルや道徳面からの教育を徹底していかなければならないのでは?!という結論に至った。




  科学の力が強大になっていく現代。
 科学の力がひとつの道具だとすれば、それを使いこなせるだけの人間性が必要である。






 電子書籍への夢が広がりつつも、大切なことは何なのか・・
考えさせられた定例研となりました





BYちゅら



いざ開拓!

人気ブログランキングへ


 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

定例研、日に日に深まってますね!
確かに電子書籍の利便性もあるけど、それを正しく使えないと意味がないですね。

No title

電子書籍の秘めている可能性はすごいですね
将来は紙の書籍はどうなるんだろうか

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!!
統一原理をしっかり学んで
正しく使える人になっていきたいですね

> 定例研、日に日に深まってますね!
> 確かに電子書籍の利便性もあるけど、それを正しく使えないと意味がないですね。

No title

今回の定例研おもしろかったですね!
今後も、どんどん深めていきたいっす(*^_^*)
ちなみに、プレゼンしたい方募集中です!

No title

僕も電子書籍が欲しい!

No title

電子書籍で未来に希望がふくらむっていいですね!
個人的に博士さんのプレゼン見たかった…
プロフィール

しずお

Author:しずお
今年から千葉のCARP代表になりました。
千葉CARPはW-CARP JAPANの理念に賛同しています。
このブログではCARPの活動やメンバーの様子、気になるニュースからつぶやきまで
CARPメンバーの日常を紹介します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。