スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マックス・ウェーバー 2

先週に引き続き今週もマックス・ウェーバーの
「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」について書きたいと思います。


資本主義の精神

それでここでは、この本の題名にもある「資本主義の精神」とはなんでしょうか。
これは 「自分の資本を増加させることを自己目的とすることが義務であるという思想」 
だと書いてあります。









・・・・・・







はぁ?

ちんぷんかんぷんだ~







もう少し簡単な言葉でいうと
お金儲けそのものが経済活動の目的になっているということ。
安定した生活のためにお金を儲けるとかいうんじゃなく、
お金を儲けるためにお金を儲けると、こういった感じになってるんですよね。
とにかく徹底的に合理主義を求めていくんですね。






ここでベンジャミン・フランクリンの有名な言葉があります
 「時は金なり」 
このことからもわかると思いますが、
生活そのものが論理的、合理的な色彩を持っている。
これを原則的な性格としているんです。
これが近代の資本主義にもつながっていきます。

でも私たちは人間ですから、
何の目的もなくお金を稼ぐなんてことは苦痛にしかならないでしょう。
将来裕福になるため、とか愛する子供のためでもない限り
働き続けることは難しいと思うんです。







それではいったいどうしたらいいのか?






貨幣の獲得、つまりお金儲けを神から与えられた職業(天職)と観れるかどうかなんです
このような観点を持つことができたのが、宗教者。
特にキリスト教プロテスタントの信者だったんです。
神様から与えられたこの仕事を、一生懸命頑張ろう。
このように思えたわけです。
これは、単なる利潤追求ではなく、職業義務になってくるわけです。







天職だからしっかり働く
信仰生活で培った禁欲によって働く以外に何もしなくても生きていける。
予定説によると、しっかり働くということは神に選ばれている証拠出もあるのだ。
さらに隣人愛の精神から、人の役に立つことが神の喜びだと考える。
そうやって働くとお金がたまる
すると更なる労働と隣人愛につながるのだ。






このようにプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神が
ぴったりと歯車のようにかみ合って動いていたんです!!




もう一つのポイントは、伝統主義への対抗です。



それまでの伝統主義に従ったらどうなるのでしょう







ケース①労働者

適度に安定した生活を送れたらいいとしか考えないので、ある程度の生活水準にある場合は
お金を多く儲けることよりも、仕事を減らすことを優先します。
だから仕事をした量に対して今までよりも多く賃金をあげますよ
と言われたら、頑張ってもっと働こうとはせず、仕事を減らしてもともとと同じ収入を得ようとしたのだ。



たとえば時給¥800のバイトをしていたら10時間で¥8000稼げます。
そこで店長さんが時給を¥1000にしてやるぞと言ったら、
じゃあ今までとおんなじように働いたら¥10000稼げるぞ
ではなくて、じゃあ¥8000稼ぐには8時間働けばいいんっだな。2時間少なくて済むぞ。やったー!!
とこういった考え方なんです。






ケース②資本家の場合

この場合の伝統主義とは何かというと
人間的必要(伝統的必要)によって経済活動をすることである






weber_convert_20120812105526.jpg




最後簡単にまとめて見よう




資本主義の精神とは?



(1)際限のない「合理性」。

(2)「時は金なり」(ベンジャミン・フランクリン)。自己規律、信用。「鉄の檻」(ウェーバー)。

(3)勤労の精神、反伝統的態度、合理主義。

(4)近代的自我の発生(自己反省)。近代科学の精神(自己懐疑)との相似性。

こうした精神的な態度のないところに資本主義は育たない


参考:伝統社会と近代社会





近代の資本主義の発展の背景には宗教があったということはとっても衝撃的でした。

今一般的に思われている以上にその役割は大きいんじゃないでしょうか。

信仰の力はすごいと感じさせられます。






人気ブログランキングへ


BY しずお
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しずお

Author:しずお
今年から千葉のCARP代表になりました。
千葉CARPはW-CARP JAPANの理念に賛同しています。
このブログではCARPの活動やメンバーの様子、気になるニュースからつぶやきまで
CARPメンバーの日常を紹介します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。