スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張定例研

5月10日


水戸に行ってきました!!


なんでかって!?

実は
出張定例研やってきました!!!


今回は筑波CARPのほうで「成和文化研究プロジェクト」という
研究活動を行うということでなんと千葉から出張してプレゼンをやってきました。
会場もいい感じの会議室でやって、首脳会談みたいな雰囲気でした(笑)
まあでも、同じプレゼンの内容でも参加メンバーが違うと、出てくる意見も全然違ってきますね!



DSCN0573_convert_20140513220304.jpg




特に興味深かったのは
日本の経済体制を今後低福祉低負担のアメリカ型に移行するか、
高負担高福祉の北欧型に移行するべきかを問いかけてみました。
その結果面白いことに、男性の大半はアメリカ型に賛成の手を挙げたのに対し、
女性は北欧型を支持する傾向にあり、面白い結果となった。
つまり、個人の自由と努力に任せるアメリカ型の考え方は、
人間の持つ父性的な厳愛の表れであり、
手厚く平等な保護を行う北欧型の考え方は、母性的な慈愛の表れである、
と解釈できるかも知れないという話も出てきました。



DSCN0538_.jpg




そのほかにもさまざまな意見が出ました。
北欧型・・・社会保障がとっても手厚いがそれゆえに、
その保障に頼りきってしまうがゆえに自分で問題を解決しようとか、
経済的にもっと豊かになりたいという意欲そのものがなくなってしまうのではないか。



DSCN0537_convert_20140513220141.jpg





情報社会が発達した現代だからこそできることがあるのではないか。
最近特に人気のfacebookやtwitterといったSNSもうまく活用すれば、
国民の主体性をより引き出すことができるようになるのではという意見も。
「拍手」とか「いいね!」とか、経済的な損得にかかわらず、
気に入ったものに対してクリックして、それが評価されるようになれば、
本当に良いものだけが残っていく。
これを利用していろいろなことができそう。



DSCN0569_convert_20140513220046.jpg




今の財政の課題は国債にしても、少子化や、社会保障にしても、
将来に対して負担を残してしまうのではないか。
それならば未来に投資するように徐々に移行していくべき。
つまり教育に政府が重点的に投資をしていくようになったほうが良いのではないか。



DSCN0557_convert_20140513215921.jpg




など、一見すると財政とは直接関係なさそうなことも、すべて関連した話題として出てきて、
財政一つをとってもこんなにも話が膨らむものなのかと思いました。
三人寄れば文殊の知恵とはよく言ったものですが、
多くの人が集まるとそれだけ多くの意見が生まれるものなんだと実感しました。




今後の千葉の定例研にとってもとても参考になりました。





人気ブログランキングへ


BYしずお
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

興味深い定例研の内容ですね(^O^)

ちなみに私は、アメリカ型に賛同です!

次の定例研を楽しみにしてます(^^ゞ

Re: ビスケットさん

コメントありがとうございます。

私達がやった時は、

アメリカ型と北欧型では、ちょうど半々でした。

次回の定例研もお楽しみに!^^
プロフィール

しずお

Author:しずお
今年から千葉のCARP代表になりました。
千葉CARPはW-CARP JAPANの理念に賛同しています。
このブログではCARPの活動やメンバーの様子、気になるニュースからつぶやきまで
CARPメンバーの日常を紹介します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。