スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚

CARPメンバーで七夕をやりました。

僕がCARPにいる中で初めての試みでした。
みんな思い思いに短冊に願い事を書きました。
「キン肉マンになりたい」
「字がうまくなりたい」
「朝早く起きる」
「みんなで映画を見たい」etc.


七夕は織姫と彦星の話ですが、
実はみなさん意外とどんな話だったか忘れていませんか

僕はあまり覚えていなかったので調べてみました。



DSC05842.jpg




昔々、天の神様であられる天帝には、織姫という娘がおりました。
 織姫は、とても機を織るのが上手で、毎日、機を織っていました。
 「年頃になった娘に、いい相手はいないか」
 と、天帝が捜しておられました。
 そんな折、働き者の牛使いの彦星が、天帝のお目にとまりました。
 天帝が、二人を引き合わせたところ、
 「何と美しい娘だ。名を何と申す」
 「織姫と申します。あなた様は?」
 「私は、彦星」
 二人はたちまち互いが好きになり、結婚することになりました。二人は幸せでした。

 しかし、二人の仲がよすぎるがゆえ、困ったことが起こりました。あれほど機を織るのが好きであった織姫が、機には見向きもしなくなったのでした。彦星は彦星で、牛を牽いて、田畑を耕すことも、一切しなくなりました。二人のことを、陰ながら見守っていた天帝でしたが、これには、怒りを隠せなくなりました。
 天帝は、二人の間に、天の川を流されて、二人を会えなくしてしまわれました。
 天の川の川幅は広くて、どんなに大声で叫んでも、向こう岸に立っている人には聞こえません。ましてや、姿など見えるはずもなく。
 織姫は、彦星に会えなくなった日々を紛らわそうと、また機を織ろう思いました。しかし、機の前に座りましたが、涙が出てくるばかりで、ひとつも仕事がはかどりません。彦星も、毎日物思いにふけるだけで、田畑は荒れていきました。
 天帝は、そんな二人を案じて、ある日、岸にたたずんでいた二人に言われました。
 「織姫よ。また一生懸命、機を織るのなら、彦星に会えるようにしてやろう。約束できるか?」
 織姫は、彦星に会えるのならと、
 「はい」
 と、返事をしました。
 「彦星よ。もう一度たゆまず田畑を耕すのなら、織姫に会えるようにしてやろう。約束できるか?」
 彦星も、織姫に会えるのならと、
 「はい」
 と、返事をしました。
 「約束したぞ。では毎年、七夕の夜には、ここに来て二人会うがよい」

 そして、はじめての七夕の夜のこと、二人は天の川の岸に立ち、互いのいる向こう岸を眺めておりました。
 すると、どこからともなく、かささぎが飛んできて、織姫の足元に降り立ちました。彦星の方にも、同じように別のかささぎが降り立ちました。
 「天帝の命により、お二人の架け橋になりに参りました」
 と、かささぎが言いました。
 すると、次から次へとかささぎが飛んできて、翼を精一杯広げ、互いの翼をつなげていきました。見る見るうちに、天の川にかささぎの橋ができました。織姫と彦星は、両方からかささぎの橋を渡って行きました。
 こうして二人は、一年に一度だけでしたが、七夕の夜に会うことができるようになりました。

 それでも、七夕の夜が雨ですと、かささぎも、翼を広げて橋になることはできません。だから、私たちは、七夕飾りのたくさんある短冊の中に、『七夕の夜は晴れますように』と、必ずこの願いの短冊をひとつかけておくのです。


www.geocities.jp/tomte/txt/tanabata.htm


教訓としてはどんなに個人の事情や思いはあっても
自分に与えられた仕事や責任はしっかりと向き合いましょう。

といった具合でしょうか?



人気ブログランキングへ

BYしずお
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しずお

Author:しずお
今年から千葉のCARP代表になりました。
千葉CARPはW-CARP JAPANの理念に賛同しています。
このブログではCARPの活動やメンバーの様子、気になるニュースからつぶやきまで
CARPメンバーの日常を紹介します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。