スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回定例研 感想

前回のプレゼンの
ディスカッションとメンバーの感想です。



ちゅらさん
フィンランドでは大学まで授業料が無料というのは驚きました。
教育の機会の平等さは大きなメリットとしてありますね。
しかし国が教育もすべて支援していたら、親が働いてお金を稼いでいることに感謝はするでしょうか?
私の場合は家がそんなに裕福ではなかったのですが、
親が私のために一生懸命働いて学費を出してもらって
そのありがたみがよくわかるんです。

政府に対する信頼が厚いのはいいとおもいました。
政府と国民の信頼関係は重要だとおもいます。
日本も学ぶべきところはあるのではないでしょうか?
地方分権が発達していることも注目すべきだとお思います。
国だけではなく地方自治によって国民のニーズに細かく対応できることは素晴らしいですね。




確かに日本の場合は国庫支出金とか地方交付税交付金などで、地方自治体の支援はしていますが、
使用項目は細かく規定されているようです。そうするとその地方でしかわからないニーズがあっても、そこに柔軟に対応することができないのではないでしょうか。



また交付金は使い切らないと減額されるので、
必要がないことにまでお金を投資する「無駄遣い」も起こってきています。

教育に関しても、国が負担することによって、平等な教育を受けられるという面では素晴らしいのですが、
教育が発展しにくいという可能性もあるような気がします。
推測ですが。
やはり競い合う中で発展していく側面もあるのではないでしょうか?
大阪のように新自由主義の原理を取り入れて、実績を出さない学校は廃校にするのはやりすぎな気もしますが。
難しいですね。


DSC05847_convert_20140728080355.jpg




かつをくん
私は高福祉に抵抗感があります。「平等」という言葉は悪い面のイメージが強いです。
所得水準が低い人はいいが、頑張っている人にとっては働く気が失せてしまうと思います。
やる気がなくなってしまう。
高負担でも国民がOKなのは
政府との信頼関係があるので税金を払いやすい環境にあるのだと思いました。
介護サービスの充実は良いですね。
フィンランドもかなり高齢社会になっているが、サービスが充実している
男女平等なので共働きが多い。
その代わり子供と過ごす時間が少なくなると思います。
家庭は重要なので、私は家庭にも時間を割きたいです。




やはりそれぞれメリットとデメリットがあるので、それをよく加味して
考えていく必要がありますよね。


政府と国民の信頼関係が高いというのは私もとても素晴らしいと思います。
日本は政治不信が強くて、若者の政治離れ、政治的無関心も深刻ですよね。
投票率もかなり低いし。
私たちの意見が具体的に政治に反映されているということが
はっきりとわかるようになれば変わってくるかもしれません。
また私たちの納めた税金が何にいくら使われているのか。
ここも明確になれば税金も喜んで払えるのではないでしょうか。


そのようなことを一つ一つ改善して政府と国民の信頼関係を築いていきたいものですね。




人気ブログランキングへ




BYしずお



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しずお

Author:しずお
今年から千葉のCARP代表になりました。
千葉CARPはW-CARP JAPANの理念に賛同しています。
このブログではCARPの活動やメンバーの様子、気になるニュースからつぶやきまで
CARPメンバーの日常を紹介します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。