スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル・サンデル 究極の選択

第5回 定例研「マイケル・サンデル 究極の選択」



2011年4月16日(土)
NHKで放送された「マイケル・サンデル 震災後特別講義」から

RIMG1550_convert_20111125233552.jpg
(場所:千葉市・穴川コミニティセンター会議室)




マイケル・サンデルからの「究極の選択」。





震災後の特別講義、

「福島での震災に、あなたが直接遭遇した」と仮定して、







「もし、どちらかを選ばなければならないとしたら?


 ①(少し離れた場所にいるが)愛する家族を助けに行く。


 ②現場での危険な仕事を担当する。」







「完全な答えなどない」という前提で、
 
どうしてもその二択を迫られたとき、


「あなたならどうしますか?」という「究極の選択」。




「助けに行っても帰ってこれなかったら?」

「でも、助けに行かないと、自分の気持ちが落ち着かない。」

「携帯電話がつながらなかったら?」

「どちらも危険であることには変わりない。」

「目の前の人をほおっておける?」

「どちらが、自分が必要とされているのかが問題」


さまざまな場面を想起し、
RIMG1568_convert_20111125235020.jpg


非常に白熱したディベートになりました。
RIMG1541_convert_20111125234933.jpg









「もし、あなたが総理大臣だったとして、原発についての究極の選択を迫られたら」


①原発処理に、知識はないがパワーのある若者10人を投入するか。


②原発処理に、知識のある教授1人を投入するか。





あらゆる危険を想定しての、ディベート。
RIMG1567_convert_20111125234423.jpg



若干1名、混沌?
RIMG1561_convert_20111125234818.jpg




【メンバーの感想】

「すごく面白かったです!」

「根拠や理由を相手に伝わるように話すこと、すごく重要なこと。もっと磨きたい。」

「そういう考えもあるのか、と気づかされた。反論に負けずに討論できてよかった。」

「1つの議題でけっこう時間がかかった。」

「いろんな意見が出てきて、途中は混沌。」

「正義、というものに答えがないのは不思議な感じがしました。」

「広い視野で考えていきたいと思った。」









次回は 「男女のちがい」  についてのディベート!

(これが、一度やってみたかった。まちがいなく、白熱します。)





BY ジェッソ



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

しずお

Author:しずお
今年から千葉のCARP代表になりました。
千葉CARPはW-CARP JAPANの理念に賛同しています。
このブログではCARPの活動やメンバーの様子、気になるニュースからつぶやきまで
CARPメンバーの日常を紹介します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。