スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イスラム国」問題

今、イスラム過激派組織「イスラム国」が世界的な問題となっています。
先日「イスラム国」のメンバーの男が、72時間以内に身代金を支払わなければ
拘束している日本人二人を殺害すると脅迫する映像が、インターネット上に公開されました。


身代金は2億ドル(約240億円)で、20日にYouTubeに投稿されたビデオでは、
支払期間は72時間とされました。
拘束された日本人はフリージャーナリストの後藤健二さん、民
間軍事会社を経営している湯川遥菜であることが確認されました。


政府は、支払期限が23日午後と見ていたが
、「イスラム国」から何の連絡もないまま、
期限が過ぎ今後の動静が注目されるところですが・・・


というこの記事を書いている間にも事態が急展開しました。
湯川遥菜さんが殺害されたとの声明の動画が
24日午後23時ごろにインターネット上に投稿された模様です。
湯川さんは千葉市在住ということもあり、
千葉市民としても目が離せないなかではありましたが、これが事実だとしたら大変遺憾です。





なぜ「イスラム国」このような暴挙を繰り返すのでしょうか?
少し調べてみたのですが(the huffington postなど)、「イスラム国」はアルカイダ出身者で構成されるイスラム過激派組織のこと。
「イスラム国」はイスラーム圏を統一し、イスラーム法にのっとった国家を樹立することを目的としているようです。


原理講論によると宗教の目的は人間の内的な無知を克服することにあります。
人間はどこから来て、人生で何をして、どこに向かうのか。
こういった根本問題について解決策を模索して、
最終的には人間を幸福に導くためにあるものが宗教です。


イスラム国はどうでしょうか、イスラーム圏を統一した国家を樹立するのであれば、
もっと別のやり方があるのではないかと思います。
周りの国々に危害を加えてながら国家を立てたとしても、
国際社会の中で国家として認められるはずはありません。
「イスラム国」は宗教の仮面を被っているだけとしか思えません。
実際に在日イスラム教団体は「人質殺害はコーランに反する」と抗議しています。
「イスラム国」の活動によってイスラム教そのもののイメージも悪くしてしまいます。
被害と混乱ばかりが発生し、イスラーム国家実現というその目的は実現できないと思います。



どんなものでも発展する為には、まず他の為に与えなければなりません。
「為に生きる」ことによってのみ発展はもたらされます。
自分たちの利益ばかりを主張するのではなく、
世界の為に、人類の為にという動機で宗教国家は実現されるべきだと思います。



なおこれは私個人の見解であり、W-CARP JAPANの公式な見解ではありません。


BYしずお




人気ブログランキングへ






感謝


はいさい(*^_^*)

いやー、なんて久々なんでしょうか 
「はいさい」なんて響きも、 ほんっと 久しぶりではないでしょうかね



そう、最近は  卒論をやっていたり、卒論をやっていたり・・・

卒論をやっておりました!! これがなかなか”つわもの”でして、研究室のパソコンに向き合って

やっと、先日無事に提出できたところです


達成感や解放感もありつつ、 一番感じたのは、

教授への感謝の思いでありました。



私たちの代の卒論生は、基本みーんなマイペース

なかなか進行状況がよくなかったため、教授はこまめに、メールを送って下さったり

はたまた、クリスマスも返上で学校に来て、私たちの卒論指導に当たって下さったり、

最後の最後も、「提出日の前日にはみんな提出するんだぞ」と念をおして下さったり・・・


本当に、教授のサポートが無ければ、卒論書けなかったなと改めて感じております

親ごころにも似た、教授の助けに、心から感謝いたします






ふと、振り返ってみると・・・



卒論に限らず、

沢山の支えの中で 生きてきたし  生かされてきた

親や家族、先生、友だち・・・


みんなに、 ありがとうの気持ちを

忘れちゃいけないなあ あらためて思った今日この頃です


image桜

はーるよ 来い♪


BY ちゅら


寒いからーーー!風邪やインフルには注意


人気ブログランキングへ


大学全入時代へ

1960年代の状況と2010年の状況を比較してみましょう。

Baidu IME_2014-12-11_10-41-31








1960年代は小学校、中学校はほとんどの子供が通っていますが、
高校は6割、大学に通うことのできる学生は1割しかいなかったんです。
この大学は今の旧帝国大学や難関大学と言われる大学で、
大学とはまさに「エリート」が通うところだったのです。


この時の段階を「ピラミット」型と呼びます。
この頃の学生は、国を豊かにするためとか、
いい職業について豊かに暮らすためとか
そういった明確な目的意識を持って大学に通っていました。


そのため、時間を惜しんででも勉強したい!という学生が多く、
学内では政治の話や、哲学の難しい話をする事がはやっていたそうです。



パチンコに行っても一番人気の景品が岩波新書だったり、
学生もパチンコのハンドルにマッチ棒を挟んで自動連打になるようにしておいて、
その間に読書にふけるという光景がよく見られたそうです。



DSCN1255.jpg






2012年代
高校進学率はほぼ100%に増加しています。
そして大学進学率は6割、短大や専門学校を含めたら、8割になります。
ほとんどすべての学生が高等教育
(高校より上の教育機関での教育のこと)をうけることができるようになりました。

今や大学全入時代と言われ、大学進学はユニバーサル段階に入ったということができます。
グラフの形もほとんど長方形ですね。

しかし、授業の理解度を見ると、小学校は70%、中学校は50%、
高校は30%とこぼれてしまう学生も多くいることが分かります。
この中に授業の理解度のピラミットを見つけることができます。
つまり、大学に進学している学生は増えたが、
しっかりと学問が身についている学生は実は60年代とさほど変わっていないのです。



この状況、みなさんはどのように考えますか?





人気ブログランキングへ



BYしずお

第8回 定例研

第8回定例研を行いました。

今回も筑波大のCARPのメンバーが二人参加してくれました。
また敬愛大学のM教授に今回の顧問として参加していただきました!!



後期のテーマは「大学の教育」について




DSCN1244_convert_20141201093150.jpg
引用http://www.geocities.jp/yamamrhr/ProIKE0911-62.html



前期は「国家財政」について定例研を行ったのですが、
その中で今の社会は「福祉」により多くのお金を投資しています。
高齢者が多い日本の社会においては仕方のないことですが、
今後はこれからを担う若者世代にお金をつぎ込むことが重要になってくる。
つまり、「教育」に投資をしていくことが大切だという意見があげられました。
今の若者がこれからの日本の社会を動かしていくことを考えたら、
今の閉塞した日本社会を打開していくには教育しかないと言っても過言ではないと思います。




私たちCARPは大学生のサークルなので、大学の教育に焦点を当てていこうということになりました。

今回のテーマは「大学の下流化」

竹内洋さんの『大学の下流化』(NTT出版、2011)の1章を参考にプレゼンを行いました。


1960年の大学と2000年代の大学を比べて、大学が、学生がどのように変化したのかを考えてみました。
まずはこのグラフをごらんください。


0703242.gif







上のグラフは高校卒業後の進学率の推移です。
緑の棒グラフは高校への進学率です。目盛は左側。
高度経済成長に先立って上昇を続け、1975年には92%、
2005年には98%となり、中学卒業生がほぼ全員、高校に進学するようになりました。



折れ線グラフの目盛は右側です。
青の折れ線グラフは短大への進学率を示します。
高度経済成長が始まるまでは2%台と極めて低かったが、
高度成長と共に上昇し始め、1975年には11.0%となりました。
しかし、バブル崩壊直後の1994年の13.2%をピークに減少に転じ、2005年には、7.3%まで低下しています。



紫の折れ線グラフは大学への進学率を示しています。
短大と同じように、1975年の26.7%までは上昇を続けていますがその後低迷し、
バブル崩壊後の1990年には24.6%となりました。
しかし、その後、再び上昇に転じ、2005年の44.2%まで増え続けています。



赤色の折れ線グラフは短大と大学の進学率の合計を示します。
2005年には、51.5%となり、3年前の中学校卒業者の半分以上が短大や大学へ進学するようになりました。



現在は大学全入時代といわれるほどです。
この50年間に大学は大きく姿かたちを変えていったのです。



人気ブログランキングへ


BYしずお



ボランティア団体登録

千葉市ボランティアセンターに
千葉CARPがボランティア団体として当録されました。


普段行っている老人ホーム訪問プロジェクトや、地域清掃活動がこのような形で認められたのはとっても光栄なことであると同時に、これからも千葉市をより元気にするために頑張って活動しようと思わされました。


ちなみにボランティアセンターのHPでCARPの紹介が載っています。
コチラ




ボランティアセンターのページへ



人気ブログランキングへ


BYしずお
プロフィール

しずお

Author:しずお
今年から千葉のCARP代表になりました。
千葉CARPはW-CARP JAPANの理念に賛同しています。
このブログではCARPの活動やメンバーの様子、気になるニュースからつぶやきまで
CARPメンバーの日常を紹介します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。